有限会社VIVID

CARTOON

キャラクター自己紹介第2弾

レポーターさん
小町屋 林檎

第2弾はレポーターさんです。小町屋 林檎(こまちや りんご)ちゃん。22歳という事で仮想世界のビビッドでは一番若いスタッフさんです。
ついこの間まで学生さんだった、という事ですね。温泉好きとの事。駒ケ根にもいい温泉がありますよ♪

映像の世界では分業が進み、色々な業種があります。
レポーターやアナウンサーも普通はそれ専業になりますが、同じ映像の世界でも、ケーブルテレビ局などでは、1つの事しかしない、というより、カメラを振るし、
編集もするし、画面にもでる、という方を求めています。作中では林檎ちゃんは次回登場の先輩、冴子さんの仕事ぶりを見ていて、ディレクションから撮影、編集など
にも興味を持ったようです。
レポーターやアナウンサーなどは花形の職業のようですが、その実、知識量を求められますし、いろんな人が見ますから批判の矢面に立たされます。
突然、知らないスポーツ中継の実況をやらされるとしたら、予習はかなり大変でしょう。

でも女の子の人気職業でもありますし、22歳、身長158cmの林檎ちゃんがあちらの世界でどんな活躍を見せてくれるのか?楽しみですね。
自分で企画してカメラを持って出かける事もありそうです。ご期待ください。

どっこいところが、ビビッドではアナウンサー・レポーターを専業では募集していません。そういう仕事は少ないのです。
でも、映像制作全般にも興味があるようでしたら心配いりません。弊社では地元CATV局の番組制作などは行いますので、レポーター業務が全くない訳ではありません。
「やりたい!」という気持ちが伝われば、きっと社長が営業してきてくれるはずです。なんでもガッツです。やりたいことがあれば何でも言ってください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)